1. TOP
  2. 利用シーン
  3. 太陽光発電C社

太陽光発電C社

社員の出張が多いため、居場所の把握が第一課題

S社は全国各地およそ30か所に太陽光発電所を建設しています。
各発電所の保守は東京本社からの出張で実施しています。危機管理担当者は全社員の出張先を把握しているわけではないので、災害発生時には全社員にメールベースの安否確認を発報していました。

しかし、安否確認の回答率が悪く、被災地以外に居る人が会議などで返信していないのか、被災地付近に居る人が緊急事態のため返信できないのかの区別が付きませんでした。
必要な人だけに安否確認をする必要があるとの思いで、安否確認サービスのリプレースを検討していました。

「ココダヨ」Bizでは緊急地震速報発報時に社員の位置が把握できるため、安否確認が必要な対象者だけに警報を発報することが可能です。 また緊急時に社員の居場所が把握できるため、その後の行動指針を策定するのも容易となりました。